カテゴリー:ゲーム

こんにちは、太郎丸です。

 

今回は新イベント、風雲乱世イベントについてです。

 

 

 

ソロプレイになるので、気楽にできるのかと思いきや、NPC勢力が多数存在し、勢力撃破がなかなか厳しい状況です。

 

また、開始地点の運もあるので、なかなか攻略も難しいところですが、とりあえず全容をまとめ、効果的な攻略方法を考えていきたいと思います。

 

風雲乱世イベントの概要

 

基本情報は他のイベントと変わらない様子です。

 

 

期間は6/17〜6/29の約13日間、毎日参加券をもらえるので、13枚は無料でもらえます。

 

それ以外は30小判で、8時〜24時で何度も挑戦できます。

 

ただ、一局が2時間あるので、なかなかハードです。

 

報酬に応じて、獲得するPtを調整する方が良いようにも思います。

 

風雲乱世イベントで獲得できる報酬

 

SSR武将パックの破片5個を150ptで獲得できるので、3000pt獲得できれば、SSR武将パックを1個獲得できる計算になります。

 

 

その他、1000ptで信長アイコンなどがあります。

 

目標としては、3000ptをとりあえずの目標とします。

 

無料券は13枚なので、1回あたり、240ptくらいとれれば、小判ナシでもOKです。

 

風雲乱世を実際に戦ってみると

 

獲得150ptでした。。。

 

 

今回のイベントで肝となるのは、統一よりも撃破です。統一したところで、40ptしかもらえません。(生き残っても20pt)

 

一方、撃破報酬は1でも40pt、12だと350ptになります。とにかく撃破が大事になります。

 

 

ただ、NPC同士でも撃破しあうので、普通にキルをとられます。実際のところ、撃破数7くらいの200が平均的な数字かと思いました。(レベルによっても違いますが)

 

逆に言えば、楽に滅ぼせる勢力だけを刈り取った後は放置するという手もありかと思います。

 

風雲乱世で存在する12の勢力の強さと狙うべき相手

 

狙うべき相手は開始地点で左右されますので、一概には言えませんが、避けるべき相手は豊臣家と織田家です。

 

この2国と戦うと兵力が削られるだけでなく、他の勢力をキルされ続けますので、とりあえず終盤まで放置が賢明かと思います。

 

また、西から始まった場合は、毛利家もなかなか厄介なので、毛利家も避けつつ、豊臣家と織田家と戦う前に滅ぼすような順番が理想かと思います。

 

その他の9勢力は大差は無いと思いますので、どこからでも良いかと思いますが、六角家や大内家など織田家、豊臣家、毛利家に近い勢力から先に滅ぼす方が良いかと思います。

 

そうすることで、運が悪くとも、5勢力は滅ぼせるかと思います。

(今回はかなり運が悪かったと思います・・)

 

風雲乱世イベント攻略のまとめ

 

・1回の戦闘で、7勢力を撃破し、240pt程度を平均して獲得することを目標とする。

 

・織田家、豊臣家、毛利家とは戦いを避け、他の勢力を攻め続ける。攻める勢力は初期配置によって異なるが、できる限り織田家・豊臣家・毛利家に近い勢力から滅ぼすようにする。

 

・開始1時間程度で7〜9勢力を滅ぼせたなら、放置しても可。(生き残って20pt、統一して40ptなので)

 

経験値や功績稼ぎはできるは救いなので、状況に応じて積極的に攻め続けても良いかと思います。

こんにちは、太郎丸です。

 

今回は、サブアカウントをfireタブレットで作成するということに関連して、fireタブレットを格安で購入できるチャンスのamazon prime dayの紹介です。

 

サブアカウントに関連する記事はこちらをクリック

 

サブアカウント用にfireタブレットが欲しいという方はこの機会を逃すことなく、ぜひ活用ください↓↓

 

 

fire タブレットが半額並みで購入できますよ。

 

fire タブレットの相場

 

これまでの最安値から考えると、最低下記にあるような金額にはなるのではないかと予想しています。

 

これまでの最安値に関する情報はこちらをクリック

 

fire7:3980円

fire HD8:5980円

fire HD8 plus:7980円

 

さらに、今回はNewモデルのfire HD10とfire HD10 plusもセール対象となっていますので、このセールで購入しようと思っています。

 

希望価格

fire HD10:10980円

fire HD10 plus:13980円

 

くらいであれば嬉しいなと思っています。

 

なんといっても3GBRAMにオクタコアプロセッサーなので、快適プレイ間違いないでしょう。楽しみです。amazon公式の詳細はこちらからどうぞ↓↓

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08F5Z3RK5/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=megane88-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B08F5Z3RK5&linkId=a41d5da7caba3b8632566a4500e211f7

 

amazon prime day

 

 

その他、お買い得商品が目白押しですので、この機会にぜひご利用ください。

 

fireタブレットやkindle paperwhiteなどのamazon製品は間違いなく買い時です!!

こんにちは、太郎丸です。

 

今回は、傀儡将棋で活躍するおすすめ武将編 〜おすすめは武蔵〜です。

 

傀儡将棋の攻略のポイントはこちらをどうぞ

 

その中でも今回は、おすすめ武将を紹介します。

 

どうしても確率なので、安定はしませんが、少しでも強い武将を取り入れ、連勝を伸ばし、銅銭を得ることも必要な要素かと思います。

 

一番のおすすめは武蔵ですが、武蔵を例におすすめ武将を紹介していきます。

 

一番のおすすめは武蔵

 

 

スキルは、奥義ゲージ2で、ランダムの敵4部隊に150%の物理ダメージを与え、ランダムの味方3部隊に虚弱状態を1ターン付与する、というものです。

 

天賦は、物理攻撃+18%、会心+45%、ダメージ+25%、物理ダメージ+27%、ダメージ+25%という超攻撃的なラインナップです。

 

おすすめのポイントとしては2つあります。

 

1つはスキル・天賦とも超攻撃的なところ。将棋に防御スキルは不要と思います。やられる前にやる戦法が好奏します。

 

2つ目は、スキルがランダム敵4部隊という点です。

 

将棋は前半戦は4-5部隊での戦いになります。(もしくは弱い6部隊で組んでいる場合もありますが、弱い武将はすぐに倒れますので、強いのは実質4-5部隊です。)

 

前列・後列への指定ダメージの場合、効率良くダメージを与えられない場合がありますので、将棋に関してはランダム部隊へのダメージが良いです、

 

ランダム部隊へのスキルダメージ、そして超攻撃的な物理系ということで、将棋でLv.25でいたら、必ず星5を目指します。

 

兼続

 

 

スキルは、奥義ゲージ2で、ランダムの敵4部隊に155%の計略ダメージを与え、安撫効果を発動する、というものです。

 

天賦は、計略攻撃+30%、回避+25%、兵数上限+30%、計略ダメージ+45%、物理ダメージ軽減+30%、というバランスのとれたラインナップです。

 

スキルはランダムの高ダメージ、デメリットの安撫効果もほとんど無関係です。

 

天賦は攻撃性能に加え、前列の壁として起用も可能なので、壁兼用の計略アタッカーです。武蔵の前には兼続を起用しましょう。

 

北条早雲

 

 

スキルは、奥義ゲージ2で、敵2部隊に195%の計略ダメージを与え、自身に激励状態を1ターン付与する、というものです。

 

天賦は、計略攻撃+30%、回避+25%、兵数上限+30%、計略ダメージ+45%、ダメージ+25%、というバランスのとれたラインナップです。

 

兼続同様、壁兼用の計略アタッカーです。スキルの回転率も良く、北条氏康との併用で回避+40%になりますので、敵の奥義ゲージ貯めの妨害もできます。

 

(特異)龍造寺隆信

 

 

スキルは、奥義ゲージ3で、敵縦列に180%の物理ダメージを与え、自身に神速状態を2ターン付与する、というものです。

 

天賦は、物理攻撃+18%、会心+45%、奥義ゲージ+1、物理ダメージ+27%、ダメージ+25%という攻撃的なラインナップです。

 

こちらはランダム部隊ではありませんが、手数で攻める超攻撃型の物理武将です。縦列を片っ端から落としていけます。

 

奥義ゲージ3なので、回避に弱いのが難点です。スキル発動までは耐えられるように配置場所を考えましょう。

 

豊臣秀吉や伊達政宗、五郎八姫(特異)なども同様の理由で起用可能ですが、縦列攻撃な分、龍造寺隆信をおすすめです。

 

伊達政宗を前列、龍造寺隆信を後列にして、縦列を崩すような戦法も良いかと思います。

 

(特異)織田信長

 

 

スキルは、奥義ゲージ1で、敵単体に210%の物理ダメージを与える、というものです。

 

天賦は、物理攻撃+18%、会心+45%、ダメージ+25%、ダメージ軽減+25%、ダメージ+25%という攻撃的なラインナップです。

 

兵種はおそらく鉄砲隊になっているかと思いますので、鉄砲隊として、生き残った武将を刈り取ってくれるので、微妙に兵を残した敵部隊からのダメージを確実に減らしてくれます。

 

魔王Verの織田信長も超攻撃型なので、同様の活躍ができますので、おすすめです。

 

傀儡将棋で活躍するおすすめ武将のまとめ

 

傀儡将棋で活躍する武将の考え方のまとめ

 

①防御スキルは不要。激励も基本的に不要で、攻撃型の武将を採用する

②ランダム部隊へのダメージスキルは発動する武将を採用する

③激励が無い前提のため、奥義ゲージは軽めの武将を採用する

 

以上の考えに沿って、武将を当てはめると以下のような武将がおすすめになります。

 

・武蔵

・兼続

・北条早雲

・龍造寺隆信

・織田信長

 

基本的にLv.25-30の武将が将棋前半から活躍できるので、上記の武将にこだわらず、Lv.25-30で条件に合うような武将が登用できた場合は、その武将を起用した方が良いと思います。

 

絶対上限は①の防御スキルは不要、攻撃型で固めるになります。

 

参考にして頂ければと思います。

こんにちは、太郎丸です。

 

今回は、おすすめ武将・初姫 回避率50%超えで攻撃を避け倒す編です。

 

ご存知の方も多いですが、初姫の回避率は異常です。

 

私も知ってましたが、この前の戦闘で回避だけで負け倒してしまったので、改めてその強さと対策を書きます。

 

初姫

 

 

奥義ゲージ2で、敵後列に45%の計略ダメージを与え、戸惑状態を3ターン付与する、というものです。

 

天賦は、計略防御+80%、回避+25%、奥義ゲージ+1、ダメージ軽減+25%、物理ダメージ軽減+30%と鉄壁なラインナップです。

 

連携スキル

 

初姫×江姫:回避+15%

初姫×浅井長政:回避+15%

 

兵種は伊賀衆や僧兵、鉄砲隊(伊賀衆一択で良いかと)

 

計算式は分かりませんが、天賦×連携スキル×兵種=回避+25%×回避+15%×回避+15%×回避+10%=回避率+65%に単純計算ではなります。

 

攻撃当てればいいと思いたいところですが、当たりません。とにかく初姫には攻撃を当てなくても良いような編成が望ましいです。

 

負け倒した編成

 

前列:江姫・初姫・蒲生氏郷

後列:(大谷吉継)・(島津義久)・浅井長政

 

後列のアタッカーには、大谷吉継や島津義久、猿飛佐助あたりが配置されていました。

 

とりあえず、前列の回避率、防御力の高さが異常だったので、後列中心のダメージが必要と編成を切り替えました。

 

ただ、後列も回避持ちの武将であったり、兵数が多い武将であったりするため、長弓手や鉄砲隊の攻撃も思うように届きません。

 

また、織田家のような物理アタッカーを並べてしまうと見破りが無いので、苦戦するうちに大谷吉継や島津義久のスキルでじわじわと削られるという戦いになります。

 

編成に応じた編成を整える

 

回避率によって勝敗が変わるので、安定した部隊は作れませんでしたが、結局前列を打ち破る編成が一番良かったように思います。

 

(後列は耐久力が高い上、蒲生氏郷で回復されてしまうので。)

 

前列を打ち破るために、猿飛佐助×島津義久×服部半蔵のトリオが活躍しました。

 

 

服部半蔵は奥義ゲージ1で鬼謀状態を計略攻撃力が高い武将3人に付与できるので、回避されながらでも、コンスタントに火力アップができます。

 

その上、回避率が高いので、少しでも敵の動きを抑制できます。

 

猿飛佐助は、敵前列の伊賀衆を、甲賀騎馬隊で一気に落としにかかります。見破りが無いものの、防御力は高いので、残った兵力は島津義久の壊滅で削ります。

 

残りの編成は、激励武将で奥義ゲージの軽い有馬晴信や光姫を編成したり、とにかくアタッカーを編成したり、手持ちに合わせた編成で良いかと思います。

 

敵の編成は、回避で長期戦には強いですが、基本的に物理攻撃性能は高くないので、衣装備にしても良いかと思います。

 

まとめ

 

江姫×初姫×浅井長政は回避率が高く、想像異常の耐久力の高い編成となる。

 

アタッカーには、大谷吉継や島津義久など瞬間火力ではなく、長期戦を得意とする武将を編成する。

 

打ち破るにも弱点が少ない編成となっている。工夫するならば、後列へ攻撃を集める編成、前列への強い計略ダメージを集めるなど。

 

また、改めて思ったこととしては、計略編成に対峙する場合には全員衣、物理編成に対峙うする場合には全員鎧、とすることで、かなりダメージに差があります。

 

何故こんなにダメージに差があるのだろうと思った場合には、改めて装備を見直すことも必要かと思います。

 

参考になればと思います。

こんにちは、太郎丸です。

 

今回は、特異武将として新しく参入した、甲斐姫、塚原卜伝についてです。

 

 

オリジナル武将はどちらも後列への優秀な物理アタッカーでしたが、特異ではどのように進化したのかみていきます。

 

甲斐姫

 

 

奥義ゲージ2で、敵横列に190%の物理ダメージを与え、安撫効果を発動する、というものです。

 

天賦は、物理攻撃+18%、見破り+30%、兵数上限+30%、物理ダメージ+27%、ダメージ+25%と、攻撃的なラインナップです。

 

兵種には、長弓手は無くなったものの、鉄砲隊や九ノ一隊があり、編成に応じて選ぶことができます。

 

連携スキルでは、蒲生氏郷(ダメージ+20%)や豊臣秀吉(ダメージ軽減+15%)との連携がありますので、起用もしやすいです。

 

デメリットはあるものの、奥義ゲージ2で敵横列への190%の物理ダメージは強力なスキルかと思います。

 

個人的には織田信長を主体とする鉄砲隊の一員として加えたい武将です。

 

 

塚原卜伝

 

 

奥義ゲージ2で、味方後列に物理40%ほどの兵力を回復し、固守状態を3ターン付与し、敵前列に5%の物理ダメージを与え、衰弱効果(70%の確率で)を発動する、というものです。

 

天賦は、物理防御+50%、見破り+30%、奥義ゲージ+1、物理ダメージ+27%、計略ダメージ軽減+45%というラインナップです。

 

兵種は、北面武士、重装備兵、九鬼水軍など防御的な兵種です。

 

良い点としては、衰弱効果を発動できるという点です。敵の奥義ゲージ-1というスキルは回避と合わせると非常に厄介なスキルです。

 

ただ、奥義ゲージ2なので、激励スキルと合わせ、回転を早める必要があるかと思います。味方後列への回復や固守は不要なので、奥義ゲージ1にしてほしかったと思います。

 

また、天賦やスキルは防御面が強いにも関わらず、回避が無いというのが残念です。衰弱効果と合わせるなら、前列回避は必須条件かと思います。

 

石田三成や直江兼続など防御は固いのに、回避が無い残念な武将の一員になりそうです。

 

既存値物理攻撃100と高い数値ではあるので、サポートだけでなく、物理攻撃の一員として活躍はできる面もありますが。

 

新特異武将参上 〜甲斐姫・塚原卜伝のまとめ〜

 

甲斐姫

 

 

オリジナル武将が敵単体への攻撃+自身への不屈状態などを持ち合わせており、打たれ強い反面、攻撃面は他の部隊編成に任せる部分が多かった。

 

特異武将は敵横列への強力なダメージと兵種に鉄砲隊が追加されたことで、かなり汎用性が高く、アタッカー性能が上がった。

 

塚原卜伝

 

 

オリジナル武将は、敵単体への高ダメージ+自身への高揚状態と、かなりワンマンな武将でした。

 

逆に特異武将はサポート的な面が大きくなったかと思います。衰弱効果はあるものの、どこまで活躍できるかは、編成次第かと思います。江姫・初姫コンビなど強力回避を前列に置けば、威力は倍増するかもしれません。

 

 

余談ですが、一昔前の塚原卜伝です。高揚ではなく安撫効果だったので、後列に配置すれば、一人で大谷吉継を止めることができる優秀な武将でした。

 

参考になればと思います。

こんにちは、太郎丸です。

 

今回は、おすすめ橙武将、皆がすすめる序盤から起用できる武将編です。

 

用途は色々あれど、プレイヤーの皆がすすめる武将は使い勝手が良い武将のはずです。

 

投票結果からランキング形式(記載した時点の得票数)にしてみましたので、迷ったらこの武将に武魂を振りましょう。

 

第1位 豊臣秀吉 得票数1904

 

 

序盤から、単体でも活躍できる、豊臣秀吉が得票数1位になりました。

 

スキルは、奥義ゲージ2で、敵後列に65%の物理ダメージを与えつつ、自身に2ターンの神速状態を付与できるので、一人でも暴れ回ることができます。

 

天賦に回避や見破りは無いものの、兵数上限やダメージ軽減があり、耐久力も高い。

 

織田家との連携があるので、編成を組むことで、さらに強化できるので、序盤から終盤まで活躍ができる。

 

得票数に織田信長や前田利家が入っているのは、秀吉のおかげかと思います。

 

第2位 斎藤道三 得票数1843

 

 

一人で攻撃から回復まで担うことができる、斎藤道三が第2位になりました。

 

奥義ゲージ1で、敵単体に150%の計略ダメージを与えつつ、自身に計略60%ほどの兵力を回復できるので、耐久しつつ攻撃ができる。

 

天賦に回避、兵数上限、ダメージ軽減があり、前列での耐久力が優秀。序盤は斎藤道三がいるとかなり厄介。

 

終盤にかけては攻撃力がやや鈍るので、少し工夫が必要。

 

第3位 江姫 得票数1703

 

 

敵後列への妨害かつ鉄壁の江姫が第3位になりました。

 

斎藤道三や豊臣秀吉が一人で活躍できる武将に対し、一人ではあまり活躍ができない江姫になります。サポート役の武将としては、間違いなく第1位。

 

攻撃性能は無いものの、天賦は鉄壁になりますので、様々な部隊での前列を任せることができます。アタッカーが揃ったら、江姫も成長させましょう。

 

第4位 浅井長政 得票数1167

 

 

アタッカーになりつつ、後列への激励武将となれる、浅井長政が第4位。

 

攻撃力・耐久力を兼ね備えつつ、サポート性能も非常に高い、トリプルスリーな武将です。

 

スキルのダメージは、奥義ゲージ3で、敵縦列に125%の物理ダメージとやや物足りないので、他の後列武将に激励状態のサポートをして、敵を倒すような武将です。

 

欠点としては、奥義ゲージ3とやや重たく、回避されるとスキル発動する前に倒されることもあるので、状況により編成を考えましょう。

 

第5位 淀殿 得票数1089

 

 

前列配置が可能な計略アタッカー、淀殿が第5位です。

 

天賦に回避を持つので耐久力も兼ね備えつつ、奥義ゲージ2という短いスパンで敵縦列に180%の計略ダメージ+封印状態を1ターン付与でき、非常にバランスの良いところが人気の理由かと思います。

 

前列配置の計略アタッカーを支える石田三成との併用などでさらに強化できます。

 

 

第6位 島津義久 得票数1067

 

 

動揺を無効にしつつ、敵前列への手堅いダメージを与えられる島津義久が第6位です。

 

天賦に見破り、兵数上限、ダメージ軽減などがあるので耐久力は高く、計略攻撃力がやや弱い分、壊滅状態を付与できるので、バランスが非常に良いです。

 

瞬間火力は低いものの、じわじわと着実にダメージを与えられます。

 

第7位 黒田官兵衛 得票数1058

 

 

淀殿と同じく、前列配置可能な計略アタッカーです。

 

バランスのとれた能力に、スキルで毒泉状態も付与できるので、様々な部隊に編成が可能です。

 

回避以外の天賦は超アタッカー仕様なので、予想以上の攻撃力を発揮しますが、やや耐久面に不安があるので、状況に応じて後列配置とすることも良いかと思います。

 

第8位 大谷吉継 得票数1033

 

 

敵後列への重症状態付与で敵を薙ぎ払う、大谷吉継が第8位です。

 

耐久力も高く、前列配置もできる計略アタッカーになり、じわじわと敵後列を殲滅させていくことができます。

 

ランキングが伸び悩む点としては、蒲生氏郷など対策武将がいるとあまり活躍ができないところかと思います。

 

第9位 猿飛佐助 得票数1017

 

 

こちらも前列配置可能な計略アタッカー、猿飛佐助が第9位です。

 

奥義ゲージ3がやや重たいものの、敵前列に170%の計略ダメージと低迷状態付与は優秀です。さらに甲賀騎馬隊が組み合わされば、さらなるダメージアップが期待できます。

 

真田幸村との併用もおすすめです。ちなみに真田幸村は得票数200程度と以外に伸び悩み、ランク外となりました。

 

第10位 明智光秀 得票数1001

 

敵後列への計略ダメージ+重傷ダメージで敵を殲滅する、明智光秀が第10位です。

 

思ったよりランキングが高いと感じた武将です。

 

計略ダメージは優秀ですが、奥義ゲージ+1が無い奥義ゲージ3がやや重たいので、後列激励武将などと併用して、補うことが必要かと思います。

 

第11位 織田信長 得票数808

 

 

織田家の頭領、織田信長が第11位です。

 

一人ではやや使い勝手が悪いものの、織田家の武将が揃えば、部隊全員に奮闘状態を2ターン付与できる、武力部隊の頭です。

 

鉄砲隊となり、生き残る武将を一人ずつ始末する役割になります。

 

第12位 前田まつ 得票数773

 

 

味方全員に計略100%分の兵力を回復できる、前田まつが第12位です。

 

一番老舗の回復武将になります。

 

序盤から回復武将かつ、回避役として、前列配置で機能してくれます。

 

第13位 前田利家 得票数765

 

 

織田家との組み合わせで力を発揮する前田利家が第13位です。

 

天賦が超攻撃型なので、耐久性は低いです。

 

豊臣秀吉と並ぶことで、敵縦列を一気に殲滅させ、敵の編成を崩すことが可能です。

 

第14位 上杉謙信 得票数759

 

 

設定値:攻撃100の武力武将、上杉謙信が第14位です。

 

自分を含め、味方縦列への高揚状態付与ができるので、前田利家と同様、敵縦列へダメージを集め、敵を殲滅させることができます。

 

第15位 松永久秀 得票数708

 

 

敵全体への計略アタッカー、松永久秀が第15位です。

 

回避もあるので、前列配置としても起用でき、デメリットも無く敵全体への120%への計略ダメージなど、オーソドックスなスタイルで人気がある武将です。

 

まとめ

 

得票数でまとめているので、戦国布武開始時から君臨している武将が多い印象。

 

サポート的な武将(蒲生氏郷など)はランク外になっており、一人で序盤から使いやすいオーソドックスな武将がランキング上位を占めている。

 

とは言っても、序盤から活躍できる15人の武将は強く、使いやすい面がありますので、成長させる武将を悩んだ際には、参考にして頂ければと思います。