パンくずリスト
  • ホーム
  • 投資の話
カテゴリー:投資の話

こんにちは、太郎丸です。

 

先週末までの動向についてはこちらをどうぞ↓↓

 

雇用統計を受け、110円前半から109.364円まで一気に下落しました。

 

一旦はサポートラインの下限の109.400円付近で反発を見せている状況です。

 

今週の動向については慎重にトレードしていきたいです。

 

USD/JPYの8時間足

 

 

102.592円の底値からの上昇トレンドラインの下限が109.400円付近に現時点ではあります。

 

そのサポートラインによって先週は下げ止まりを見せ、今週の始まりは109.600円まで上昇を見せているような状況です。

 

このサポートラインを明確に割り込んでいないため、今週の基本スタンスは「買い」と判断しています。

 

ただ、5/25頃に一度トレンドラインを微妙に割り込み、108.600円付近から下落しようというだましを見せた後、上昇しています。

 

そのため、今回も一旦は下落するぞ、というだましを見せた後に上昇するのではないかと考えています。

 

 

107.477円から108.550円の上昇前の最後の下落地点へのサポートラインを引いた場合、上記のように109.000円ちょうどくらいまで下落する可能性があります。

 

なんとなくの相場観ですが、109.400円でサポートされた後に強い反発で駆け上がらず、109.600円でうろうろしており、トレーダーが「買い」という意識に戻りそうな気がしています。

 

一度、109.700円付近を抵抗ラインとし、109.400円を割り込み、109円を割ろうというチャートを見せた後に、上昇すると予想しています。(あくまで予想なので、「売り」では入りませんが)

 

USD/JPY1時間足

 

 

上限を押さえつけていた109.800円付近の抵抗ラインを抜け、一気に駆け上がり、110.328円まで上昇した後、指標で109.364円まで下落したという、短中期のチャートです。

 

前回の抵抗線もあるので、109.600-109.700円が最初の抵抗ラインとなりつつあります。

 

その後110.328円からの抵抗ラインを考えると、上昇が始まったとしても現時点では、109.900円、110.100円付近で、上昇が止められるかと思います。

 

筆者としては、現在109.400円のポジションを所有しているので、109.900円や110.100円で一旦は利益確定しようと考えています。(「売り」では入りません)

 

USD/JPY日足

 

 

8時間足と同じような考えになります。

 

109.400円付近で下落を止められたので、次は上昇に向かうというように感じます。ただ、少し下落するようなチャートになってからの上昇になると思っています。

 

USD/JPY週足

 

 

今週のスタート、109.500円付近が上昇トレンドの下限になりつつ、2017年頃から続く長期トレンドの下降トレンドの上限にも見えます。

 

上昇が止められ、109円台を明確に割り込むような動きになれば、上昇トレンドが終了したと考え、「買い」の相場から「売り」の相場に切り替わり、102円台を目指すようなトレンドに変換する可能性もあると考えます。

 

今週の展望

 

109.400円から慎重なトレードが必要かと考えています。

 

基本スタンスは「買い」となり、109.400円付近のポジションを上昇した場合には、109.900、110.100円付近で利益確定を検討します。(今週の始めは)

 

109円を割るまでは、「買い」のスタンスですが、109円前半でだましのような動きを見せてからの上昇を予想。強い上昇トレンドが見えれば、111円台を目標に切り替えます。

 

逆に109円を明確に割り込み、上昇トレンドが終了と判断した場合は、全て損切りし、相場の流れを見つつ、トレンドを見直す。

 

※相場の流れは一瞬で変わります。投資判断は自己責任でお願いします。

こんにちは、太郎丸です。

 

今回は、Fx投資日記、USD/JPYの動向についてです。

 

前回記事はこちら↓↓

 

 

 

高値更新し、110.328まで上昇したUSD/JPYの流れと今後について改めて考えます。

 

USD/JPY 1時間足の動向

 

 

高値110.200→109.880のトレンドラインを指標の後押しもあり、110.328まで高値を更新しました。

 

一度109.840付近で押され、109.630のサポートライン付近まで押し目を作ったことも強い上昇力を作った要因かと思います。

 

※109.840円で抜けたように見えますが、一度押され、109.630まで落ちて、その後一気に上に抜ける、「だまし」が入っています。この部分は負ける人を作るための動きかと思っていますので、注意してください。

 

110.328からの動向は8時間足で見ていきます。

 

 

USD/JPY 8時間足の動向

 

 

今年最高値の110.965→最近の高値110.200のトレンドラインを抜け、110.328まで上昇しています。

 

その後、一旦利益確定売りに押され、110.150-250付近でうろうろしている状況です。

 

夜に指標も控えているので、夜までは動意は薄いかと思いますが、一旦の底は前回の下降トレンドライン付近をサポートラインと考え、110.100付近と見ます。

 

抵抗ラインは前回高値110.328ですが、目標は110.965と考えています。

 

悪い指標などがあれば、長い足のサポートラインの下限は109.400付近にあります。

 

そのため、しばらくは押し目買いのスタンスでいきます。買いにくい値に現在あるので、一度強い押しがあるとありがたいと思っています。

 

また、109.700付近も強くサポートしてくれると思います。

 

109.700、109.400を買いどころと考え、109円を割り込んでくるようであれば、トレンド転換と考え、手仕舞い予定です。

 

来週へのまとめ

 

サポートライン:110.100、109.700、109.400

目標:110.328、110.965

損切り:109を明確に割り込む

 

上昇トレンドが継続しているので、基本的に買いのみで来週も臨む予定です。

 

可能な限り、109.400円付近まで引き付け、買う方がリスクは低いので、現状110円付近は傍観が賢明かと思います。

 

※相場は一瞬で変換します。投資判断は自己責任でお願いします。

 

 

こんにちは、太郎丸です。

 

今回は、久々にFX関連の記事になります。

 

メイン通貨のUSD/JPYの6月の動向と考え方をまとめていきます。

 

USD/JPY日足

 

 

1月に102.592円の底値をつけてから、下降トレンドを上抜けし、110.965円まで上昇しています。

 

その後、107.500付近まで押し戻されましたが、上昇トレンドラインに沿って上昇しています。

 

一度、108.554円付近の強い押し戻しで、下抜けになるかと思いましたが、耐え抜き、110.200円まで強く上昇したので、まだ上昇基調にあるかと思われます。

 

(108.600円で損切りしてしまったことが悔やまれます・・)

 

今後は、109.200円付近までの押し戻しを考慮しながら、買いのスタンスで臨みます。

 

ただ、上昇スピードに鈍りも見えてきましたので、109円を割り込み、下降トレンドに転換した場合には、一度ノーポジになる予定です。

 

USD/JPY8時間足

 

 

107.477円をサポートしているラインが日足でも見えていたトレンドラインになります。

 

やはり、一度108.600円付近はトレンドラインを割っていますが、強いだましが出たという状況になりそうです。その分、強い反発の上昇がありました。

 

110.965円を高値に、中期下降トレンドが頭を押さえつけていましたが、109.400円を一気に上抜けして、110.200円付近まで上昇した状態です。

 

その後、110.200円を天井に一度押し戻されています。

 

サポートするポイントとしては、前回高値付近の109.700円、前回下降トレンドの頂点付近の109.400円、長期上昇トレンド底値付近の109.200円となります。

 

既に109.700円は割れていますので、サポートではなく、抵抗線として機能している状況です。

 

ただ、109.700円はそこまで強いポイントではないので、この上昇基調を頼りに110.200円を再度超えてなければ、下降トレンドにはならないと考えています。

 

110.200円の超え方によっては、前回高値110.965円を視野に入れると考えます。

 

111円台に突入した場合は、一気に上昇するのか、もしくは一気に下落するのか、流れによってトレンド判断が必要な局面になるかと思います。

 

USD/JPY週足や月足

 

 

週足や月足などの長期足は下降トレンドの上限にいる状態と見ています。

 

このあたりは正確に値の判断はしていませんが、109円後半〜110円で止められるのは、長期のチャートのトレンドが邪魔しているためかと思われます。

 

日足の上昇トレンドを頼りにトレードをしているので、あまり参考にはしていませんが、上昇トレンドの上限にいる可能性があるという程度に思っています。

 

ここを地道に抜けていくことができれば、さらなる上値が期待できると思いますし、強く押し戻されると、上昇トレンドが終了という流れになれます。

 

6月のトレードスタイルまとめ

 

日足や8時間足でみた上昇トレンドを頼りに「買い」のみのトレードを行う。

 

買いの目安は109.400円、109.200円、最終心理的な節目109.000円。

 

利益確定は110.200円〜110.965円。

 

損切り目安は下降トレンドに転換したと判断した場合。

 

下降トレンドの目安は、109円を割り込み、108円台に実足の定着、もしくは前回安値の108.600円到達など。

 

※相場の考え方は一瞬で変わります。投資判断は自己責任で※

こんにちは、太郎丸です。

 

不労所得を目指す、これからのUSD/JPYの投資戦略編です。

 

不労所得と聞こえはいいですが、Fxはかなりチャートに張り付く必要があるとつくづく思います。入念な考察で売買に入り、思惑が外れれば即損切りを忘れずに。

 

2021/3/10時点の記事はこちらを参照ください↓↓

 

 

 

下限の108.414を割り込み、108.337まで低下しましたが、そこから大きく割り込むことはなく、一旦は安値を割り込む形で上昇に転じました。

 

週末に向け、どのような動きになるのか、考えていきたいと思います。

 

チャートの形的には下降トレンド

 

4時間足のチャートですが、ヘッドアンドショルダーが形成されており、下降トレンドが継続している状況です。

 

 

ただ、上昇トレンドの波とぶつかっている状況にもあり、下抜けするか反発するかのせめぎ合いの状態にもあります。

 

 

 

1時間足程度のチャートでは、上向き

 

短期的な下降トレンドの波を上抜けしているので、一旦は上に抜けている状況にあります。

 

 

4時間足では108.500円付近に抵抗線がありますが、1時間足では108.600円付近の抵抗線までは一時的に上昇するようには見えます。

 

一旦は上値切りで108.600円付近まで切り上げた後に、再度下抜けを目指すような展開になりそうな様相です。

 

108.340円付近のサポートラインを破れば、107円台も視野に

 

108.340円でサポートができなければ、次は107.950円付近のサポートラインまで視野に入ってくると思われます。

 

逆に、108.600円付近の抵抗線を破れば、再度109.232円を目指すような展開になりそうです。

 

週末に向けてのトレード方針

 

現在は調整色が強く感じるので、108.600円付近から売りを仕掛け、107.950円を目指すようなトレードをする予定です。

 

108.650円あたりを強く越えてくるようであれば、一旦手仕舞いします。

 

 

こんにちは、太郎丸です。

 

不労所得を目指す、これからのUSD/JPYの投資戦略編です。

 

不労所得と聞こえはいいですが、Fxはかなりチャートに張り付く必要があるとつくづく思います。入念な考察で売買に入り、思惑が外れれば即損切りを忘れずに。

 

2021/3/7時点の記事はこちらを参照ください↓↓

 

 

 

先週のMax108.639を上限に、一旦調整に入る可能性もあると考えていましたが、じりじりと上昇を続け、上限を破り、109.232まで上昇をすすめている状況となりました。

 

週末に向け、どのような動きになるのか、考えていきたいと思います。

 

Max109.232まで上昇

 

先週の高値、108.639を打ち破り、109.232を上限とするチャートとなりました。

 

 

109.232を上限に、一旦調整の売りが入ったようなチャートになっています。

 

Max109.232で反発した背景

 

週足チャートで確認すると以下のような感じです。

 

 

明確ではありませんが、109.200付近に抵抗orサポートラインがあるように見えます。

 

こういった上値追いをしている状況などでは、長い時間足のチャートで抵抗となりそうなラインを探しておき、利益確定のタイミングなどを計っておくことも大事になります。

 

今回は109.200付近の抵抗ラインが意識され、上昇のスピードが落ちたようです。

 

 

109.100-109.200の攻防

 

3/9の日中は109.232の上限を超えようと何度かトライしましたが、残念ながら超えることができず、サポートラインを割り込み、一気に売りが加速しました。

 

 

109.232付近の上限で売ろうとせず、109.100を明確に割り込んだタイミングで売りの流れに乗ることが今回の重要な局面でした。

 

109.232付近で売りを仕掛けると、超えた場合には上昇に飲まれ損が膨らむ可能性がありますので、リスク管理が大事になります。

 

 

今週の始値:108.340円付近を意識した調整

 

一気に調整が進み、108.414まで売りが加速しましたが、今週の最安値は割らずに反発した状態です。

 

 

もう一段安くなる可能性もありましたが、抵抗ラインを越え、反発を見せています、

 

短期の下降トレンドは一旦終了となった様相です。

 

下降トレンドが続けば、じりじりと下がり続けるかと思っていましたが、108.500円付近の抵抗線を抜けたので、しばらくレンジ内に留まりそうな様相です。

 

 

今週は108.414-109.232の範囲で終了となるか

 

レンジ内にも、抵抗&サポートのポイントがいくつかありますので、ポイントで反発やレンジ抜けで追っかけての売買をすすめていきたいと思っています。

 

 

108.414を下抜けする、もしくは109.232を上抜けすることがあれば、勢い次第で強いトレンドに乗っての売買をしたいと思っています。

 

 

Fx取引ならDMMFx

 

色々な会社のFxを試しましたが、使いやすさはDMMFxが抜群に良いです。

 

興味がある方はこちらの説明動画も合わせてどうぞ↓↓

 

https://www.youtube.com/watch?v=7ZQN80Yy1_4&t=10s

こんにちは、太郎丸です。

 

今回は、不労所得を目指す、これからのUSD/JPYの投資戦略、です。

 

不労所得と聞こえはいいですが、Fxはかなりチャートに張り付く必要があるとつくづく思います。入念な考察で売買に入り、思惑が外れれば即損切りを忘れずに。

 

2021/3/4時点の記事はこちらを参照ください↓↓

 

 

 

107円付近にあったのが、良好な指標も味方し、一気に駆け上がり、Max108.639まで上昇しました。

 

来週はどのような動きになるのか、考えていきたいと思います。

 

来週は一旦調整に入りそうな気配

 

正直、来週始まってみなければ分からない部分が多いです。

 

チャートを見る限りでは、再度一気に駆け上がるのではなく、一旦調整に入るのではと思っています。

 

 

現状、下降トレンドの上限を抜けそうな形で終わっているので、一度108.639円を目指してくるのではないかと思います。

 

Maxの108.639円付近を背にしながら、戻ってきたら「売り」のスタンスでいこうかと思います。

 

ただ、108.639円を越えてきた場合は、上昇の具合を見て売り買いの判断にし、強い上昇は買い、押し戻される場合は売り、と判断を修正すべきかと思います。

 

ということで、Maxを超えない限りは売りで攻めます。

 

目下の目標は108.000円を利益確定ラインとする

 

間近の安値は108.110-140円程度となっています。

 

 

買い方としては、ここをサポートラインに考えているはずですので、下がった場合には何度かこのあたりで反発するかと思われます。

 

ただ、強く上昇するためには、108.110円を大きく割り、次のサポート107.950円付近まで落ち、ボトム形成して、地を固めて上昇になりそうな感じがします。

 

週初めは、戻り売りのスタンスで、107円台になることを目標とし、107.950円付近で強い反発があれば、「買い」に変更しようと思っています。

 

107.950円のサポートが崩れれば、107円のサポートラインで買い

 

ただ、107.950円付近でも反発が弱ければ、下降トレンドが続きそうです。

 

 

次なるサポートラインとしては、107.700円付近、107.400円付近、最終107.150円付近になってくるかと思います。

 

107.150円までは調整する可能性はあると思いますが、107円後半で踏みとどまるのではないかと思っています。

 

 

まとめ

 

結果として、週初めは戻り売りですが、サポートラインで押し目買いでいく予定です。

 

・108.639円を上限に、「戻り売り」で攻める

(108.639円を越えた場合には、一度スタイル見直しが必要)

 

・目下の目標は107.950円(108.110円付近の反発具合に注意しながら)

 

・107.950円で反発しなければ、107.700円、107.400円、107.150円付近のサポートラインで強い反発を認めれば買い

 

方向感が出ない場合は、様子見していきたいと思います。