こんにちは、meganetaroです。

 

 

今回は、先輩看護師に怒られないための心得について記事にしたいと思います。

 

先輩看護師は怖い、新人看護師は全員がそう思っています。(全員です)

 

これは、看護師がヒトの命に関わる仕事であることが大きく関わっていると思います。

 

そのため、他の医療職でも同様のことが起きているかと思いますが、看護師の場合、女性の割合が非常に多いため、口コミも広がり、先輩看護師は怖いという概念が歩いてしまっているのだと思います。

 

(女性社会なので、後輩に厳しくあたるということも少々ありそうですが・・)

 

怒る側(先輩看護師)をやさしくすることはできませんので、怒られる側(新人看護師)が少しでも対処行動を身に着け、行動していくことが大切に思います。

 

何故、先輩看護師は怒るのか根本を押さえつつ、対処方法を考えていきたいと思います。

 

実践する看護にエビデンス(根拠)をもつ

 

「エビデンスは何?」

 

実際、指導される(怒られる)理由は、これにたどり着きます。

 

「え、それ以外もたくさんあるよ?」と思われるかもしれませんが、まずはこれです。

 

というのも、これは看護師が最も嫌う、以下の行動につながるからです。

 

自分の考え(アセスメント・判断)を持たずに看護を実践する

 

簡単に言えば、「指示にあったから」「医師や他の医療者に言われたから」というようなことです。

 

じゃあ、根拠を持って看護をすれば良い訳ですが、根拠を得るためにはかなり勉強をしたり、経験を積んだりすることが必要になります。

 

そのため、新人の社会人として最低限のマナーを持つ人(社会人経験者であっても)でも怒られてしまい、対処することが難しい部分です。

 

一朝一夕では身につかない知識、だからこそプリセプターや先輩看護師がいる訳です。(それが患者さんの安全を守っています。)

 

じゃあ、新人看護師でエビデンスを持つことは不可能じゃないの?
たしかにその通りです。ですが、
エビデンスを持とうとする態度はとることができます。

エビデンスを持とうとする態度とは??

 

イメージとして、例を挙げてみます。

 

例1)糖尿病患者で血糖降下剤の食前投与の指示があります。

 

ただ、気分不良があり、食事を食べられるかわからない状況です。

 

昼食前のため、指示通り内服をしてもらいました。

 

 

例2)脳室ドレナージを挿入中で、ベッドギャッチアップ16度キープの指示がある患者です。

 

ギャッチアップをする場合は、脳室ドレナージをクランプする必要があります。

 

衣服を交換する必要がありますが、ベッドギャッチアップ16度キープのままで行うので、クランプをせずに衣類を交換しました。

 

 

どちらの例も、医師の指示のとおりに行動していますので、問題無さそうに思います。

 

ただ、この指示のとおりの部分が重要で、自分自身の判断が無いと困ります。そして怒られます。指示通りだけ動く=先輩看護師の指導の方程式を忘れないでください。

 

※何故厳しく指導するのかは、患者の命に関わるからです。

 

例1の場合、低血糖症状を起こす可能性があります。

 

報連相のタイミングとしては、以下の3つが考えられます。

 

①血糖降下剤内服の指示があるが、食事を食べられそうにない。そのまま飲ませてよいものか。

②血糖降下剤を内服させたが、食事を食べられなかった。

③低血糖症状が起きてしまった。

 

理想は①のように相談する方がベストですね。

 

②③の場合はおそらく、「何で飲ませたの?」と聞かれるでしょう。

 

その時に「指示にあったので」と答えるとアウトです。

 

残念ながら、③の報告に至った人は勉強不足過ぎます。

 

②の場合であれば、食事を食べてもらう前の自分の判断や行動を伝えましょう。

 

・患者は食事前食欲はあった

・医師に確認をして内服をするように言われた

しかし、いざ食事を食べ始めるとやはり食べられなかった。これから低血糖症状が起きないか、注意深く観察していこうと思います。

 

大事なことは、血糖降下剤を内服してもらうことに伴うリスクを自分は把握していますということです。

 

なので、内服してもらう前に自分でしっかりと判断しようとしたことを伝えましょう。

そして、これからどのようなことに注意していくかも伝えるようにしましょう。

 

これが自分の実践する看護には、自分の判断・アセスメントがあるということです。

 

自分が実践している(していく)看護で重要な部分は分かっているという態度につながります。

 

糖尿病の患者を受け持ち、血糖降下薬を内服してもらうからには、何が大事なのか分かりますよね。(糖尿病の人の特徴や血糖降下薬の作用・副作用の把握などですね。)

 

このポイントをつかむ能力が、新人看護師は圧倒的に劣っています。

 

あえて難しい例2=脳室ドレナージ??

 

例2はあえて難しい、脳室ドレナージの話を入れています。

 

脳室ドレナージが入っている人に対しての看護の注意点は、例1に比べると難しいですね。

 

ただ、例1と同様に考えると、以下のようになります。

 

脳室ドレナージは何故ベッドギャッチアップ16度キープが必要なのかを調べて、16度キープが必要な理由を知った上で、脳室ドレナージのクランプを開放したままにするのか、一度クランプするのか、自分の中でも判断をして行動する。

 

ただし、その判断を正確にするためには、かなりの経験が必要です。

 

そのため、先手必勝で相談をし、自分はここが重要だと思う、こうした方が良いと思うがそれで大丈夫でしょうか?というような態度をとることが大事になってきます。

 

もしくは、ここがわかりません、どうすればいいでしょうか、何を調べればよいでしょうか、としっかりと伝えましょう。

 

看護師は基本的に教えることが好きですので、積極的に攻めることが大事です。

 

そして、それは自分のため、患者様のためにつながっていきます。

 

この根本的な考え方を基にしながら、基本的な社会人のマナー(身だしなみや礼節)なども心がけましょう。

 

積極的な攻めで、可愛がられる後輩を目指しましょう。